愛知県の町並みと転職

愛知県は、人口743万人あまりが住む中部地方の県です。中部地方の政治、経済の中心地でもあります。県庁が置かれている名古屋市は人口227万人あまりで、都市では横浜市、大阪市につぐ全国で3番目の規模となっています。愛知県そのものは、名古屋市を中心とした尾張地方と南部の西三河地方、東三河地方に分類され、それぞれの町並みやその地域の特色を表しています。

尾張地方は名古屋市のビジネス街や伊勢湾の沿岸部や木曽三川沿いの中京工業地帯などがあり、また農業や水産業も盛んであり、人口も多いこともあってさまざまな産業があります。そのため転職には有利な地域となっています。

一方で、西三河地方や東三河地方は尾張地方ほどではないものの工業が盛んで、大規模工場が点在します。西三河地方は尾張地方に近いためベッドタウンとして発展している地域も多いものの、今も多く田園地帯が残ります。東三河地方は太平洋に面した温暖な地域を中心に農業が盛んとなっています。